パーカッション式工法

伝統の技が冴える イコス・ビット

わが国において、地中連続壁工法の歴史はイコス・ビットから始まりました。以来、イコス・ビットは急速な発展を遂げる社会のニーズに応え、「進化」し続けています。
玉石や転石が多く含まれる地盤や、河川など条件が劣悪な場所、さらには狭い空間など、これまで連壁施工が難しかった場所で威力を発揮。伝統のなかで培った実績とノウハウ、そして「職人の技」が冴えわたります。

イコス・ビット
  • 垂直性が高い
  • 他機に比べコンパクトなので、低い空頭や狭い場所にも対応
  • 軟弱層から玉石・転石まじりの砂層および硬岩まで、あらゆる地盤に対応
  • 遮水性・止水性が高い
  • 他工法との併用が容易にできる

イコス・ビット


ていねいな仕上がりを約束する 3つのビット

イコス・ビットは、先端のビットをウィンチで上下させて地層に衝撃を与える方式による地中連続壁工法です。施工の手順に合わせて、先端のビットを変換するので、ていねいな仕上がりが期待できます。

3つのビット
平型ビット

円形孔および鼓形孔の掘削に用います。

平型ビット
リング型ビット

円形孔の仕上げに用います。

リング型ビット
鼓型ビット

鼓型孔の掘削および仕上げに用います。

鼓型ビット

しっかりと壁面を押さえ、完全な止水性を確保する 安定液の三重作用

ビットの先端から噴出されたベントナイト溶液が壁面の崩落を防ぎます。

  1. 地層に侵入したベントナイト溶液が土砂の隙間で壁をつくり、不透水層を形成します。
  2. 掘削によって粉砕された破砕片が不透水層に付着して、壁面を強化します。
  3. 表面にフィルターケーキを形成することにより、完全な止水性を確保します。
安定液の三重作用

掘削と同時に行われる 孔壁安定補強

平型ビットはその形状の特性により、掘削した壁面に粉砕された破砕片を押し付け、周辺の地盤の空隙を埋め、さらなる補強を行なうことができます。
また、玉石、転石なども破砕・切断することができます。

孔壁安定補強

より高い水密性を確保するための 円形加工

最初に平型ビット、仕上げにリング型ビットで掘削した後、コンクリートを打設。

【1】
最初に平型ビット、仕上げにリング型ビットで掘削した後、コンクリートを打設。

円形パイルの間を平型ビットで掘削。

【2】
円形パイルの間を平型ビットで掘削。

鼓形孔内にコンクリートを打設することにより、壁状の連続壁が完成する。

【3】
鼓形孔内にコンクリートを打設することにより、壁状の連続壁が完成する。

最初に平型ビット、仕上げにリング型ビットで掘削した後、コンクリートを打設。

【4】
最初に平型ビット、仕上げにリング型ビットで掘削した後、コンクリートを打設。


円形加工 連続壁接合部が円形なので、
<1>長方形に比べ接合面が多く(長方形は直線だが、円形は半円周)、止水性が高い。
<2>接合部を関節のように自由に曲げることができ、曲線施工が可能。

お見積り・ご質問・ご相談お気軽にどうぞ

株式会社 丸山工務店 千葉県習志野市茜浜1-13-6

TEL:047-451-1521  FAX:047-451-5133  メールメールフォームをご利用ください

お見積り無料!

↑ページの先頭へ